2014年12月アーカイブ

私は歯があまり丈夫ではないので、普段のケアには気をつかっています。
歯医者さんがおっしゃる事には、どうやら歯垢、歯石が溜まりやすい体質のようです。
虫歯もちょっと気を緩めるとできてしまい、治療した歯は多いです。
その治療に伴うアクシデントも起こりました。
3年前の秋に、以前治療し完治したはずの前歯に違和感を覚えるようになりました。
見たところ虫歯はできていませんでしたので、疲れているせいかな?くらいに思っていましたら、その3日後にその部分の歯茎が痛くなってきました。
歯医者へ行き、腫れを抑えてから治療という事になり、飲み薬をもらって安静にしていましたが、翌日は顔がほほの辺りまで腫れてきてしまいました。
慌てて歯医者へ行ったところ、もうこの病院では手が負えないので、口腔外科のある総合病院へ行ってくださいと紹介状をもらいました。
すぐそばの病院だったのが幸いでした。
病院の受付で事情を話し、救急扱いで受診した結果は「骨膜下膿症」。
どうやら前歯の治療時に入れた薬が悪く、段々と周囲が膿んでしまい、出口の無い膿が鼻の脇辺りに溜まってしまっていたのです。
即手術でそのまま入院、結局5日間は投薬治療で外に出られませんでした。
この経験をしてからというもの、より一層口腔ケアに気を使うようになったのは言うまでもありません。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10