2015年5月アーカイブ

女性が気にすることと言えばムダ毛。
私も毎日処理するくらい気にしています。
もしもっとムダ毛の薄い人間だったらどのくらい楽ができただろうと思うくらい私のムダ毛は濃く、そのことで今まで悩んできました。
でも今はきれいに処理できる脱毛器があるし、カミソリに変わってシェーバーだって販売されています。
こんなに便利な世の中になったのだから文句は言えません。
文句を言う前に道具を使ってムダ毛を処理した方が時間を有意義に使えます。
脱毛にやり方なんてありません。
ただ単に脱毛器をムダ毛の生えている部分にあてればいいだけです。
それだけでどんなに濃いムダ毛だって簡単に抜けます。
昔から太いムダ毛と付き合っている私だって満足するくらいだから、脱毛器は多くの女性に好まれるでしょう。
安い脱毛器でも効果を発揮してくれるのだから日常の美容には欠かせません。
脱毛器がなければ、たとえ良い化粧品があったとしても女性らしさを手に入れることができないと思っています。

歯医者嫌いが親知らずの抜歯に挑戦

私は超がつくほど歯医者が苦手です。
今までむし歯も痛くなるまでは放置が基本で、歯が痛くなくなったら歯医者通いを中断するという何とも情けない生活を送っていました。
しかし、出産直後に歯が痛くなり何も食べれず、散々なことになり、これを機に歯医者通いをすることにしました。
歯が痛くなったのは、親知らずの炎症が原因でした。
そこで提案されたのが親知らずの抜歯です。
むし歯治療だけでも恐怖なのに、親知らずの抜歯なんてとんでもないと思いましたが、またいつ痛くなるのか分からずビクビクした生活を送るのは嫌なので抜歯をしてもらうことを決意しました。
担当の先生は口腔外科の女医さんでした。
歯医者恐怖症ということを伝えたので、優しく治療を行ってくれました。
実際、私の親知らずは横向きに生えていて歯茎に埋まっていたので、とても大変だったようですが、丁寧に上手に抜歯してくれたおかげで、手術中もそのあとも全く痛みがありませんでした。
このおかげで、歯医者恐怖症も少しは良くなり、今では3ヶ月に1回定期的に検診にも通っています。
まだ、歯石とりは苦手ですが、これからも歯医者通いを続けて、歯を大切にしていきたいです。

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10