2015年11月アーカイブ

歯医者へ行くまでの道のり

朝、歯磨きをしてうがいをした時、急に右上の歯がしみるようになりました。
これは、おそらく虫歯か知覚過敏が原因だと思います。
しみるようになってから、とにかく右上の歯が気になるようになり、舌で気になる部分を触るようになりました。
舌で触ると、何となく歯にボコボコとした細かい凹凸があるように感じられるので、やはりこれは虫歯なのかもしれません。
しかし、虫歯だとは思いつつも、歯医者が苦手なのでなかなか重い腰が上がりません。
虫歯を削る時のあの痛さ、あの音を思い出すだけで、体が硬直する程です。
以前テレビで、削らない、痛くない治療を行っている東京の歯医者を取り上げていました。
私によっては夢のような話です。
しかし、さすがに東京で歯を治すお金があるわけではないので、行くのは諦めています。
もし、宝くじに当たって億万長者になっていたら、絶対この歯医者で治療していると思います。
なんだか歯医者に行きたくないために、どんどん現実から逃げようとしている自分に気づいたので、これ以上実現が難しいことを考えるのはやめることにします。
いつものパターンだと、もう少し痛くなったら我慢できずに歯医者に行っている私がいると思います。
ハレム王 効かない

雨の日はぼんやり暗い雰囲気

朝から雨の日は日差しがない分、暗い感じがします。
実際、雨の日は夕暮れも早くなります。
冬は特に晴れる日が少なくなるため、1日中どんよりとした日もあります。
天気が悪い日は家の中で明るく過ごしたいものです。
北欧のデザインがカラフルなのは、長い冬の天気をいかに快適に過ごすかということもあるようです。
また、年中暖かい地域ではいかに涼しく過ごすかの工夫がされています。
長い年月を経て、そこに住む人々の生活の工夫がいろいろ見られます。
世界中のいろいろな地域で、それぞれの風土に合った暮らし方をしています。
日本は四季があり、それぞれの季節で家や部屋も衣替えが必要なようです。
特にインテリアは真夏と真冬では全く違う雰囲気になります。
これだけさまざまな季節があると、その準備だけでも大変です。
しかし、その分飽きないかもしれません。
それぞれの季節で、その時に合ったインテリアや暮らし方を楽しんでいきたいと思っています。
とりあえず、秋の楽しみ方をいろいろと満喫していきたいです。
今のうちに自然の中で、たくさん触れ合いたいと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10