2017年11月アーカイブ

ひどい出来事

この間びっくりするようなひどいことが起こりました。
私は先日婚約破棄をしたのですが、その婚約破棄をした元彼と、私の一番仲のよかった独身の女友達が二人で会っていたのです。
それを聞いて、私は「友情関係が壊れるから、それ以上仲良くするのは良いけど、恋人にはならないようにしてほしい」と言いました。
すると、「何で人の幸せを喜べないの?私が彼と付き合うことになったら二人で報告しに行きます」という解答が来ました。
それを聞いて怒りを通して飽きれてしまいました。
普通友達の元婚約者と付き合おうと考えるでしょうか?否、考えないでしょう。
私はその友達と縁を切ることにしました。
二人がその後どうなったかわかりませんが、周りの友達には「友達の元彼と元カノの友達がくっついてうまくいくわけがない」「そんな最低なやつ、両方縁を切って正解」と言われました。
ちなみにその女友達は中国人の女の子なんですが、人種差別をするつもりはありません。
でも日本人と価値観が違いすぎると思いました。
私は以後、友達と付き合うときは相手の価値観を見極めなければと肝に銘じました。
レビトラ ジェネリック 個人輸入


温室を持たない室内栽培という事もあり、私が愛培しているカトレヤの大半がミニカトレヤ、しかも耐寒性に優れるソフロ系が中心となっています。
10度以下の低温にも負けず、むしろその様な過酷な環境でも新芽や花芽を伸ばしてくれるのは頼もしい限り。
またこの位の低温の方がむしろ咲いた花の発色が良く、ソフロ系ならではの鮮やかな赤やオレンジの花を堪能出来るのです。
一つ残念なのは、大輪系のカトレヤと比べ全くと言っていい程香りが無いという点。
ただ私自身花の形の好みを最優先で選んでいますから、特に香りの有無は気にせず、またそれは他の種類でも堪能出来ると軽く考えています。
今年は夏の後半が比較的涼しく、かなり楽に夏を乗り切る事が出来ました。
例年は乾燥もありちょっと元気が無くなり気味になってしまう株も今年はかなり充実し、既に新芽の頂部から花芽が伸び出している株さえあります。
本来ならもう少し戸外に出し寒さに当てたいところだったのですが、長雨もあってそれは断念。
去年よりも3週間程早めに室内に取り込み、日々様子を観察しているところです。
そろそろカイガラムシ退治の殺虫剤散布もしなければなりませんね。
外にも出ていないのでトレーニングをしないと体がなまってしまいます。
最近買った加圧シャツのおかげでなんとか姿勢が良くなったので多少はマシですが・・・。
私が買ったバルクアップアーマープロ

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10