今年の株は条件が良かったのか花芽の伸びも良く

温室を持たない室内栽培という事もあり、私が愛培しているカトレヤの大半がミニカトレヤ、しかも耐寒性に優れるソフロ系が中心となっています。
10度以下の低温にも負けず、むしろその様な過酷な環境でも新芽や花芽を伸ばしてくれるのは頼もしい限り。
またこの位の低温の方がむしろ咲いた花の発色が良く、ソフロ系ならではの鮮やかな赤やオレンジの花を堪能出来るのです。
一つ残念なのは、大輪系のカトレヤと比べ全くと言っていい程香りが無いという点。
ただ私自身花の形の好みを最優先で選んでいますから、特に香りの有無は気にせず、またそれは他の種類でも堪能出来ると軽く考えています。
今年は夏の後半が比較的涼しく、かなり楽に夏を乗り切る事が出来ました。
例年は乾燥もありちょっと元気が無くなり気味になってしまう株も今年はかなり充実し、既に新芽の頂部から花芽が伸び出している株さえあります。
本来ならもう少し戸外に出し寒さに当てたいところだったのですが、長雨もあってそれは断念。
去年よりも3週間程早めに室内に取り込み、日々様子を観察しているところです。
そろそろカイガラムシ退治の殺虫剤散布もしなければなりませんね。
外にも出ていないのでトレーニングをしないと体がなまってしまいます。
最近買った加圧シャツのおかげでなんとか姿勢が良くなったので多少はマシですが・・・。
私が買ったバルクアップアーマープロ

このブログ記事について

このページは、authorが2017年11月15日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誰かを褒める」です。

次のブログ記事は「ひどい出来事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10